Arctic Flight Route

FAQ

まず、カメラを三脚にセットし、ISO設定を800〜1600に調整し、F値(絞り値)を最小の値に設定し、露出時間を設定します。露光時間は20秒、10秒、5秒から順にお試しください。 画像がまだ黒く露出不足の場合はISOを上げてください。

オーロラを見るには、暗い夜、澄んだ空が必要です。オーロラは北米、ヨーロッパで見ることができますが、実際見ることができるのは非常に稀です。 1958年、オーロラはメキシコシティから見られると報告されいますがこれは非常に稀な出来事です。平均的なオーロラベルトの活動は地球北部で起こっていますので、ホワイトホース、ユーコン、イエローナイフ、NWT、ギラム、マニトバ、グリーンランドの南端、レイキャビク、アイスランド、ノルウェーのTromsø、シベリアの北岸はすべてオーロラを見るのに適しています。オーロラを見るのに最適な時間は真夜中頃です。地球上で日中オーロラが見える場所はほとんどありません。オーロラを見るためには空と暗闇が必要不可欠なので、天候と日の出と日の入り時間によって最適な時間は日に日に変化します。満月は非常に明るいため、オーロラが肉眼で見えにくくなります。 時間帯に関しては暗ければいつでも見える可能性はありますが、確率的に真夜中から3時、4時頃が最もオーロラが見えやすい時間帯です。

寒さはオーロラには関係ありません。オーロラは年中現れますが夏の間は日が沈まないため見ることができません。8月中旬からは日が短くなっていき暗くなりますのでオーロラをみることができます。8、9月に半袖でオーロラを見るのはいかがでしょうか!

3日間 - オーロラ天気予報

ホワイトホース(カナダ)

レンタルギア