COVID-19: ご旅行に関する情報の更新

弊社では方針を暖和し、責任を持ってご予約を承ります。
渡航規制が解除されましたら、お急ぎください。ー 8月以降のご予約を承ります。

Arctic Flight Route

FAQ

オーロラを見るには、暗い夜、澄んだ空が必要です。オーロラは北米、ヨーロッパで見ることができますが、実際見ることができるのは非常に稀です。 1958年、オーロラはメキシコシティから見られると報告されいますがこれは非常に稀な出来事です。平均的なオーロラベルトの活動は地球北部で起こっていますので、ホワイトホース、ユーコン、イエローナイフ、NWT、ギラム、マニトバ、グリーンランドの南端、レイキャビク、アイスランド、ノルウェーのTromsø、シベリアの北岸はすべてオーロラを見るのに適しています。オーロラを見るのに最適な時間は真夜中頃です。地球上で日中オーロラが見える場所はほとんどありません。オーロラを見るためには空と暗闇が必要不可欠なので、天候と日の出と日の入り時間によって最適な時間は日に日に変化します。満月は非常に明るいため、オーロラが肉眼で見えにくくなります。
時間帯に関しては暗ければいつでも見える可能性はありますが、確率的に真夜中から3時、4時頃が最もオーロラが見えやすい時間帯です。

一般的に携帯電話での夜間撮影はとても難しいです。オーロラを撮影するには写真を撮影する際の手ブレを防ぐために三脚が必須です。
オーロラ写真の撮影にはマニュアルモードが備え付けられているカメラをお勧めしております。

必ずではありませんが弊社では着用をお勧めしております。ユーコンの12月から4月の平均気温は-20 〜−25℃ですのでレンタル防寒着を着用していただくことでより安全、快適にツアーをお楽しみいただけるかと思います。オーロラツアー、アイスフィッシングツアー、スノーシューイングツアーなどの野外ツアーに関しては特に冷え込みますので着用をお勧めします。

3日間 - オーロラ天気予報

ホワイトホース(カナダ)

レンタルギア