Arctic Flight Route

FAQ

入ってくる太陽風に応じてオーロラの出現時間は異なり、10分から一晩中出ることもあります。

オーロラの色は、地球大気中のガス組成、オーロラが発生する高度、大気の密度、エネルギーのレベルによって決まります。 地表から見た最も一般的な色であるグリーンは、低高度(約100-300km)で荷電粒子が酸素と衝突するときに生成されます。 オーロラの下端には、窒素分子(約100km)によって生成されるピンク色が見える場合もあります。 高度(300〜400km)が高くなると、原子状酸素との衝突によって緑の代わりに赤が発生します。 高所で大気は密集していないので、赤色光(2分まで)を生成するにはより多くのエネルギーと時間が必要です。低高度(約1秒)では緑色光を素早く作り出すことができるためグリーン色が最も見やすいオーロラなのです。で 水素とヘリウムは青と紫を生成することもありますが、それらの色は肉眼では見にくい傾向があります。

ユーコンのような極北地域では、オーロラを見るのに最適な時期は8月下旬から4月中旬です。 夏の間は白夜に限りなく近く、空が明るいため太陽風の活動が強い時でもオーロラを肉眼でみることはほぼできません。 冬季の 気温はマイナス40度近くになることもありますので、適切な防寒着を着用することが重要です。(弊社ではレンタル防寒着をご用意しております。ご希望の方はお問い合わせください。)

3日間 - オーロラ天気予報

ホワイトホース(カナダ)

レンタルギア