冒険
  • 期間: 8 日
  • ツアーシーズン: 6月 9 ~ 9月 1
  • 価格: CAD 4,949.00
  • アクティビティ: 野生動物観賞, 観光, 歴史, アボリジニ文化, ハイキング

利用可能なプライベートツアー

プライベートツアーの日程についてはお問い合わせください。
点击上方的“質問をする”按钮。
Map

このツアーを共有する

手つかずの自然と太古の野生動物の回廊、そして後にクロンダイク ゴールド ラッシュの探鉱者や北西部のパトロール隊員によって使用された先住民族の貿易業者の伝統的な交易ルートに沿って、北極への魅力的なルートを陸路で旅しましょう。

このルートは国内でも最も地理的な多様性に富んだルートです。ユーコン準州中央部にあるトゥームストーン山脈は北米の中で最も若い山脈の 1 つであり、一方岩肌を露出しながら低くなだらかなオギルビー山脈は、最後の氷河期に氷河化されていなかったため最も古い山脈の 1 つです。オギルビー山脈の北側では徐々に平坦になり、低いツンドラ地帯になった後に北極圏を越え、直後にロッキー山脈の最北端の延長であるリチャードソン山脈が見えてきます。

そこから車道は世界で12番目に長いマッケンジー川デルタへの下山が始まり、イヌヴィクに到着します。ツアーは、北極海岸のイヌヴィアルイト先住民が住んでいるトゥクトヤクトゥクへのスリリングな小旅行で終了します。マッケンジー川と北極海沿いの未舗装の道でアクセスでき、北極海に「足を浸す」機会もあります。

  • ツアー開催可能日
  • 要望により可能な日
  • ツアー開催不可能日

ホワイトホース到着

お出迎えし、ダウンタウンのホテルへお送りします。途中、ガイドが SS クロンダイク号、オールド ログ チャーチ、丸太小屋の超高層ビルを含む市内ハイライト 箇所を回ります。午後のグループミーティングで他の旅行者と会い、ガイドが旅程と装備を確認します。夕方と夜の残りの時間は自由に市内を散策したり、お土産の買い物をしたりできます。宿泊地: ホワイトホース

ホワイトホース - ドーソンシティ

1950 年代後半までは夏にドーソンシティに旅行する唯一の方法は、SS クロンダイク号のような雄大な外輪船に乗ることでした。近年は550kmの距離をわずか数時間で移動できます。この日のルートはほぼユーコン川渓谷に沿ってユーコン内陸部の中心部を通ります。朝、巨大なシナモンパンで有名なブレイバーン ロッジでコーヒーを飲み、その後クロンダイク ハイウェイを北に進み、カーマックス、ペリー クロッシング、スチュワート クロッシングなどのいくつかの小さな先住民の村や集落を通過します。カーマックスの近くでは、有名なファイブ フィンガー ラピッズの素晴らしい景色を眺めることができます。ドーソンから 1 時間ほど郊外にあるティンティナ トレンチの展望台に立ち寄り、広大なユーコン準州内陸部とその向こうにある翌々日に通過するオギルビー山脈の景色を眺めることができます。リラックスしたディナーの後は、ダイアモンド トゥース ガーティーズ ギャンブリング ホールを訪れ、ポーカー ゲームやカンカン ダンス ガールを楽しみましょう。宿泊地: ドーソン シティ

ドーソンシティ

朝食後ドーソンシティを散策します。ジャック ロンドンとロバート サービスのキャビンと博物館への訪問がプログラムに含まれています。ハイライトは、ボナンザ クリークとエルドラド クリークへのドライブで、歴史的な浚渫機 #4 と現役の金鉱山を訪れます。クロンダイクで金の採掘に挑戦するチャンスもあります。午後遅くにミッドナイト ドーム ロードを登り、ドーソン シティとユーコン川の素晴らしい景色を眺めます。北部の美味しいディナーを楽しんだ後は、市内を徒歩で探索する時間があります。宿泊地: ドーソン シティ

ドーソンシティ - イーグルプレーンズ

今日は早めに出発して、デンプスター・ハイウェイへ向かいます。デンプスター・ハイウェイはカナダで最も素晴らしい道路の 1 つです。 1970 年代後半に完成したばかりのこの道路は、今でも北極圏を横断する北米唯一の完全公道です。今日のドライブは最も景色が良いと考えられています。トゥームストーン準州公園には公園の名前の由来となった西側のギザギザした山々があり、さらにその先にあるオギルビー山脈では素晴らしい景色を楽しめます。キツネ、カリブー、時にはオオカミなどの野生動物が道端で目撃できます。小川沿いのキャンプ場でピクニックランチをとります。そこでは地元で知られるハイイロジェイ、または「キャンプ強盗」が残り物を貰おうと近くで様子をうかがっています。午後遅くか夕方にイーグル・プレーンズに到着すると、質素なホテル、ガソリンスタンド、高速道路メンテナンスステーション(両方向約 300km の距離にある唯一の文明)がオアシスのように感じられます。宿泊地: イーグルプレーンズ

イーグルプレーンズ - イヌヴィク

イーグル プレーンズを出発し、最初に北極圏の通過点に立ち寄ります。そこでこの特別な機会を記念してシャンパンを楽しみます。リチャードソン山脈と 2 つの川 (マッケンジー川、ピール川) を渡った後、フォート マクファーソンの先住民コミュニティを訪れます。 RNWMP デンプスター伍長(高速道路の名前の由来)によって死亡後に発見された有名なロスト パトロール隊 がここに埋葬されています。かつてハドソン湾の交易所だった地元の長老の中には、今でもハドソン湾のプリントのドレスを着てこの村で生活していいます。イヌヴィクは、古い歴史を持つ比較的若いコミュニティです。近くの伝統的な村アクラーヴィクが徐々にデルタ地帯に沈みつつあることが明らかになり、カナダ政府は 1950 年代に町の建設を委託しました。イヌヴィアルイト人(イヌイット、かつては軽蔑的にエスキモーと呼ばれていた)も、北極沿岸のさまざまな地点から移住させられました。イヌヴィクという名前はイヌヴィアルイト語で人間の場所を意味します。ホテルに向かう途中で村の紹介をして、夕方には徒歩で町を探索する時間があります。宿泊地: イヌヴィク

イヌヴィク - トゥクトヤクトゥク

この日は思い出に残る日になるでしょう。広大なマッケンジー川デルタ地帯に沿って北極海岸に向かって進みます。北極海への川の入り口で道路は北東に曲がり北極海の海岸線に沿って進み、住民に「トゥク」と呼ばれる村に向かいます。村からそれほど遠くない場所に、いくつかの「ピンゴ」が見えてきます。これらは文字通り氷でできた山です。毎年恒例の凍結と融解により季節ごとに高さが変化します。一番高いものは100m以上!トゥクトヤクトゥクでは地元のガイドがお出迎えし、ユニークな村のツアーにご案内します。途中、歴史的なスクーナー船「ルルドの聖母」や、芝生の家や教会などのトゥクの有名なコミュニティ建築物などに立ち寄ります。北部早期警戒サイト (旧 DEW ライン) にも訪れ、北極海に足を浸すチャンスもあります。その後地元住民の家での伝統的なランチとイヌイットの文化体験にご招待します。宿泊地: トゥクトヤクトゥク

トゥクトヤクトゥク - イヌヴィク

イヌヴィクに戻ります。午後と夕方は観光などができる自由時間です。宿泊地: イヌヴィク

イヌヴィク - ホワイトホース

イヌヴィク空港に移動し、チェックインし、南行きの飛行機に乗ります。ツアー サービスはホワイトホース空港への到着時に終了します。ホワイトホースで夜を過ごすか、または乗り継ぎ便での帰路になります。

ツアー期間 :
8 日

ツアー価格 :
CAD 4,949.00

ダブルルーム :
ツアー料金に含まれています
シングルルーム :
+CAD 920.00

最低年齢 :
7 年
子ども割引 :
7 - 17 年 (通常価格から25%の割引.)

料金は1人あたりの値段で5%の消費税が加算されます

グループサイズ :
ツアーにつき 4人から20人の参加者

ツアーに含まれるもの :
  • ホワイトホース/イヌビックの8日間の旅行
  • 7日間のホテル宿泊
  • ツアー中のプロフェッショナルのガイドサービス
  • ホワイトホース、ドーソンでの街観光
  • ガイド付き砂金採り体験ツアー
  • 歴史ある先住民の村、タクトヤクタックツア-
  • 先住民の家庭に宿泊
  • 地上の交通手段
  • 北極圏線突入のセレモニー
  • イヌビック ー ホワイトホース間のフライト
  • イヌイット伝統文化体験と伝統的な昼食

含まれないもの :
  • お食事
  • 個人の買い物、必需品
  • チップ

特記 :
  • ツアーの性格上、直前の日程変更がガイドの判断によってなされる可能性がございます。あらかじめ、ご了承ください。
  • 空港送迎は毎日午前4:30から午後8:00までご利用いただけます。

  • 写真のデータを見て改めて感動し、思い出に浸っています。

    丹野 薫

    Arctic Range Testimonial

  • 私は3日全てオーロラ見れました。頭上を大きく舞うもの、遠くにうっすらみえるもの、薄いグリーンに光るもの。

    Nagano Takamitsu

    Arctic Range Testimonial

  • 犬ぞりの奥深さ、そして何より日本人女性で私と同年代の方が(あ、言っちゃった)頑張っていらっしゃることを知ることができて本当に良かったです。 ナガハマさんが紹介していただいたおかげです、本当にありがとうございました。

    Yukiko Takahashi

    TripAdvisor

  • また『Skagwayのツアー』では時間が遅ければ見られなかった美しい湖や今がピークの紅葉も見る事が出来ましたし、電車からは日本では見る事のない雄大な景色を堪能出来ました。

    辰巳 綾子

    Arctic Range Testimonial

  • オーロラツアーありがとう! メッセージ: ホームページギャラリーに記載され、ホワイトホースでのオーロラに感動が蘇ります。4日間連続でのオーロラの素晴らしさは脳裏に焼き付きました.

    SHUICHI NAKAGAMI

    Arctic Range Testimonial

  • 少人数でのオーロラ鑑賞(程度の差こそあれ毎日見られるラッキーさ)、野生動物と温泉、アイスフィッシングと大いに楽しむことができました。

    Yoshikazu Kurihara

    Arctic Range Testimonial

  • ホワイトホースでの時間が夢だったように感じます。

    実保子福田

    Arctic Range Testimonial

  • この度は大変お世話になりました。僭越ながら体験談を綴らせて頂きます。

    Kyoka KO

    Arctic Range Testimonial

  • そのためか、自然保護区で見た動物の生態について詳しく、写真を撮りに動物を探しているときのエピソードなどが聞けて、とても楽しかったです。

    Emi Kanamori

    Arctic Range Testimonial

  • 夜になりホテルから車で約 30 分離れた施設に向かいそこからオーロラが見れるのを待ちます。そちらではヤートの中やティッピーとよばれる大きなテントの中で焚き火をしマシュマロなどを楽しめました。

    Ayumi Inoue

    Arctic Range Testimonial

  • 自分達とオーロラが入った貴重な写真ありがとうございました。

    高橋昌子

    Arctic Range Testimonial

  • 私も8年ほど 前スウェーデンの友達の家に泊まった時現れず、それからずっと一度はみてみたいと思っていたので今回見られて本当に感激です。

    坂野百合子

    Arctic Range Testimonial

  • このたびは心に残る楽しい旅をアレンジしていただき、本当にありがとうございました。

    Kazuhiko SHIOMITSU

    Arctic Range Testimonial

  • 眼下に広がるのは白銀の山とカラフルな家が可愛いホワイトホースの家々。

    パンダイルカ

    Arctic Range Testimonial

  • 皆様には大変お世話になり、さらにとても綺麗なオーロラを見せて頂き大変ありがとうございました。自宅での日常に戻って休暇中の仕事を取り戻すことに追われてるうちに、あっという間に半月以上が経ってしまい、お礼を申し上げるのが遅くなってしまいました。

    津留 信彦

    Arctic Range Testimonial