冒険
  • 期間: 3.5 時間
  • ツアーシーズン: 8月 15 ~ 10月 15
  • 価格: CAD 174.00
  • アクティビティ: 釣り

このツアーを共有する

ユーコンでフィッシングアドベンチャーをホワイトホース周辺の美しいエリアで楽しみましょう。レイクトラウト、ノーザンパイク、アークティックグレイリング、レインボートラウトやホワイトフィッシュなどが釣れます。
その日の状況によって、ガイドがあなたの為に釣りに行く湖を選びます。
ホテルでお客様をお迎えした後、短いドライブを楽しみ、車を止めて少し歩いて最初のポイントへ行きます。周りの美しい景色を楽しみながら大物も待ちましょう。
もし、運よく良いサイズのトラウトが連れた場合ガイドが調理してみなさんで釣った魚を美味しくいただけるかもしれません。
大きな魚を釣って素晴らしい瞬間を楽しんでください。

  • 要望により可能な日
  • ツアー開催可能日
  • ツアー開催可能で開催確定日
  • ツアー開催不可能日

ツアー時間(半日ツアー) :
3.5 時間

ツアースタート時間(夏) :
1:00pm

集合場所 :
Westmark Whitehorse

ツアー価格 :
CAD 174.00

子ども割引 :
07 - 17 年 (通常価格から50%の割引.)

料金は1人あたりの値段で5%の消費税が加算されます

グループサイズ :
ツアーにつき 2人から12人の参加者

ツアーに含まれるもの :
  • すべての送迎と日本語ガイド
  • 釣竿レンタル
  • タックル、リール
  • スナック、飲み物

含まれないもの :
  • フィッシングライセンス― ツアー開始時に取得可能 (居住者以外の人への1日ライセンス、$10.00 +消費税/人)
  • 上記以外で個人的に必要なもの
  • チップ

特記 :
  • ツアーの性質上、直前の日程・時間変更がガイドの判断によってなされることがございます。予めご了承ください。

写真のデータを見て改めて感動し、思い出に浸っています。

丹野 薫

ホームページの写真掲載、有難うございます。 早速親戚、知人に観ていただくよう、連絡しました。

Mr. & Ms. OKAMOTO

私も8年ほど 前スウェーデンの友達の家に泊まった時現れず、それからずっと一度はみてみたいと思っていたので今回見られて本当に感激です。

坂野百合子

そのためか、自然保護区で見た動物の生態について詳しく、写真を撮りに動物を探しているときのエピソードなどが聞けて、とても楽しかったです。

Emi Kanamori

また『Skagwayのツアー』では時間が遅ければ見られなかった美しい湖や今がピークの紅葉も見る事が出来ましたし、電車からは日本では見る事のない雄大な景色を堪能出来ました。

辰巳 綾子

この度は大変お世話になりました。僭越ながら体験談を綴らせて頂きます。

Kyoka KO

イエローナイフの選択肢もありましたが、ホワイトホースは人も少なくのんびりしていてこちらを選んでよかったです。

HARUHIKO MASUDA

野生動物とタキーニ温泉半日ツアーについては、ちょうど黄葉の季節にあたっていたため、素晴らしい景色と雄大な自然の中で、めずらしい野生動物にたくさん出会えたのには、本当に感動しました。

KEIKO YAMADA

皆様には大変お世話になり、さらにとても綺麗なオーロラを見せて頂き大変ありがとうございました。自宅での日常に戻って休暇中の仕事を取り戻すことに追われてるうちに、あっという間に半月以上が経ってしまい、お礼を申し上げるのが遅くなってしまいました。

津留 信彦

夜になりホテルから車で約 30 分離れた施設に向かいそこからオーロラが見れるのを待ちます。そちらではヤートの中やティッピーとよばれる大きなテントの中で焚き火をしマシュマロなどを楽しめました。

Ayumi Inoue

友人とも「本当に楽しかった」と思いだしては懐かしんでいます。

山田奈穂子

少人数でのオーロラ鑑賞(程度の差こそあれ毎日見られるラッキーさ)、野生動物と温泉、アイスフィッシングと大いに楽しむことができました。

Yoshikazu Kurihara

オーロラツアーありがとう! メッセージ: ホームページギャラリーに記載され、ホワイトホースでのオーロラに感動が蘇ります。4日間連続でのオーロラの素晴らしさは脳裏に焼き付きました.

SHUICHI NAKAGAMI

今回のオーロラツアーは妻の希望で参加したもので妻も長年の念願が叶ってとても満足して喜んでおります。私も妻の願いを叶えさせることができてホッとしました。

TADASHI

昨日、無事に帰国しました。 熱心に、また心のこもった対応をいただき、楽しい旅になりました。

Masumi Suzuki