冒険
  • 期間: 3.5 時間
  • ツアーシーズン: 8月 15 ~ 10月 15
  • 価格: CAD 174.00
  • アクティビティ: 釣り

COVID-19: ご旅行に関する情報の更新

弊社では方針を暖和し、責任を持ってご予約を承ります。
渡航規制が解除されましたら、お急ぎください。ー 8月以降のご予約を承ります。

このツアーを共有する

ユーコンでフィッシングアドベンチャーをホワイトホース周辺の美しいエリアで楽しみましょう。レイクトラウト、ノーザンパイク、アークティックグレイリング、レインボートラウトやホワイトフィッシュなどが釣れます。
その日の状況によって、ガイドがあなたの為に釣りに行く湖を選びます。
ホテルでお客様をお迎えした後、短いドライブを楽しみ、車を止めて少し歩いて最初のポイントへ行きます。周りの美しい景色を楽しみながら大物も待ちましょう。
もし、運よく良いサイズのトラウトが連れた場合ガイドが調理してみなさんで釣った魚を美味しくいただけるかもしれません。
大きな魚を釣って素晴らしい瞬間を楽しんでください。

  • 要望により可能な日
  • ツアー開催可能日
  • ツアー開催可能で開催確定日
  • ツアー開催不可能日

ツアー時間(半日ツアー) :
3.5 時間

ツアースタート時間(夏) :
1:00pm

集合場所 :
Westmark Whitehorse

ツアー価格 :
CAD 174.00

子ども割引 :
07 - 17 年 (通常価格から50%の割引.)

料金は1人あたりの値段で5%の消費税が加算されます

グループサイズ :
ツアーにつき 2人から12人の参加者

ツアーに含まれるもの :
  • すべての送迎と日本語ガイド
  • 釣竿レンタル
  • タックル、リール
  • スナック、飲み物

含まれないもの :
  • フィッシングライセンス― ツアー開始時に取得可能 (居住者以外の人への1日ライセンス、$10.00 +消費税/人)
  • 上記以外で個人的に必要なもの
  • チップ

特記 :
  • ツアーの性質上、直前の日程・時間変更がガイドの判断によってなされることがございます。予めご了承ください。

この度は大変お世話になりました。僭越ながら体験談を綴らせて頂きます。

Kyoka KO

自分達とオーロラが入った貴重な写真ありがとうございました。

高橋昌子

少人数でのオーロラ鑑賞(程度の差こそあれ毎日見られるラッキーさ)、野生動物と温泉、アイスフィッシングと大いに楽しむことができました。

Yoshikazu Kurihara

このたびは心に残る楽しい旅をアレンジしていただき、本当にありがとうございました。

Kazuhiko SHIOMITSU

素晴らしいオーロラを見ることが出来たばかりでなく、ユーコンで魚を釣ることが出来たことは忘れられない思い出になりました。

FUKUSHIMA

オーロラツアーありがとう! メッセージ: ホームページギャラリーに記載され、ホワイトホースでのオーロラに感動が蘇ります。4日間連続でのオーロラの素晴らしさは脳裏に焼き付きました.

SHUICHI NAKAGAMI

また『Skagwayのツアー』では時間が遅ければ見られなかった美しい湖や今がピークの紅葉も見る事が出来ましたし、電車からは日本では見る事のない雄大な景色を堪能出来ました。

辰巳 綾子

アラスカにまで足を延ばす事ができて(エメラルドレイクにも!)思い出に残る旅となりました。

谷 幸雄

野生動物も温泉も面白かったですし、最後にオーロラも見られて、大満足でした!ホワイトホースの街も、大変気に入りました。

石川

ホームページの写真掲載、有難うございます。 早速親戚、知人に観ていただくよう、連絡しました。

Mr. & Ms. OKAMOTO

今回のオーロラツアーは妻の希望で参加したもので妻も長年の念願が叶ってとても満足して喜んでおります。私も妻の願いを叶えさせることができてホッとしました。

TADASHI

犬ぞりの奥深さ、そして何より日本人女性で私と同年代の方が(あ、言っちゃった)頑張っていらっしゃることを知ることができて本当に良かったです。 ナガハマさんが紹介していただいたおかげです、本当にありがとうございました。

Yukiko Takahashi

オプションを沢山した事により、オススメしていただいたお店に行く事が出来なかったし、ホワイトホースの空気感が凄く良かったので、再度訪れようと決めました。

辰巳 綾子

オーロラ鑑賞でいろいろお世話になりました。 おかげでいい写真を撮ることができました(#^.^#) 両親もオーロラをみれたことを喜んでいます。 またもう一度見に行きたいと思いますので、その時もまたよろしくお願いします(^・^)

神保 芳美

そのためか、自然保護区で見た動物の生態について詳しく、写真を撮りに動物を探しているときのエピソードなどが聞けて、とても楽しかったです。

Emi Kanamori