冒険
  • 期間: 3.5 時間
  • ツアーシーズン: 12月 15 ~ 3月 31
  • 価格: CAD 229.00
  • アクティビティ: スキー

このツアーを共有する

ホワイトホースでスキーやスノーボードをして、リラックスした時間を過ごしてみませんか?ホワイトホースのダウンタウンからマウント・シマまでのショートドライブから、スキーやスノーボードを通して高山生活を味わうことができるツアーをご用意しております。
地元のスキー場は人工的に作られたもので、しっかりメンテナンスされており、ハーフパイプコースもあります。
ホワイトホースは良質な雪、積雪量共 に好評で、知る人ぞ知る穴場スポットとなっており、このツアーではホワイトホースの雪を存分に満喫していただけます。 そんな雪の中で長い時間楽しめるよう、バスはすぐマウントシマへと向かいます。道中、防寒具やスキーをご着用いただき、スキーヒ ルへとご案内いたします。その後はマウント・シマリゾートでリラックスしたり、スキーやボードを楽しんで3時間をご自由にお過ごしいただけます!

  • 要望により可能な日
  • ツアー開催可能日
  • ツアー開催可能で開催確定日
  • ツアー開催不可能日

ツアー時間(半日ツアー) :
3.5 時間

ツアースタート時間(冬) :
12:00pm

集合場所 :
Westmark Whitehorse

ツアー価格 :
CAD 229.00

子ども割引 :
7 - 17 年 (通常価格から25%の割引.)

料金は1人あたりの値段で5%の消費税が加算されます

グループサイズ :
ツアーにつき 2人から12人の参加者

ツアーに含まれるもの :
  • ガイド付き送迎
  • 半日スキーパス券
  • スキー又はスノーボード半日レンタル料

含まれないもの :

特記 :
  • ツアーの性格上、直前の日程変更の可能性がガイドの判断によってなされることがございます。予めご了承ください。
  • 天候によって営業予定日でもマウント・シマが閉鎖することがございます。

眼下に広がるのは白銀の山とカラフルな家が可愛いホワイトホースの家々。

パンダイルカ

オーロラ鑑賞でいろいろお世話になりました。 おかげでいい写真を撮ることができました(#^.^#) 両親もオーロラをみれたことを喜んでいます。 またもう一度見に行きたいと思いますので、その時もまたよろしくお願いします(^・^)

神保 芳美

昨日、無事に帰国しました。 熱心に、また心のこもった対応をいただき、楽しい旅になりました。

Masumi Suzuki

素晴らしいオーロラを見ることが出来たばかりでなく、ユーコンで魚を釣ることが出来たことは忘れられない思い出になりました。

FUKUSHIMA

皆様には大変お世話になり、さらにとても綺麗なオーロラを見せて頂き大変ありがとうございました。自宅での日常に戻って休暇中の仕事を取り戻すことに追われてるうちに、あっという間に半月以上が経ってしまい、お礼を申し上げるのが遅くなってしまいました。

津留 信彦

今回のオーロラツアーは妻の希望で参加したもので妻も長年の念願が叶ってとても満足して喜んでおります。私も妻の願いを叶えさせることができてホッとしました。

TADASHI

アラスカにまで足を延ばす事ができて(エメラルドレイクにも!)思い出に残る旅となりました。

谷 幸雄

ホームページの写真掲載、有難うございます。 早速親戚、知人に観ていただくよう、連絡しました。

Mr. & Ms. OKAMOTO

ホワイトホースでの時間が夢だったように感じます。

実保子福田

野生のブルーベリー、甘かったです。

足立恭子

オプションを沢山した事により、オススメしていただいたお店に行く事が出来なかったし、ホワイトホースの空気感が凄く良かったので、再度訪れようと決めました。

辰巳 綾子

また『Skagwayのツアー』では時間が遅ければ見られなかった美しい湖や今がピークの紅葉も見る事が出来ましたし、電車からは日本では見る事のない雄大な景色を堪能出来ました。

辰巳 綾子

1月25日は私の38回目の誕生日で、オーロラが観れたら 今年は何か良いことがあるかなって 願掛けながら この旅に望んだんです。

古谷祥子

オーロラ鑑賞、野生動物見学とタキーニ温泉、クルアニ国立公園 どれも楽しく、素敵な思い出がたくさんできました。 運良く、オーロラを見ることもできてうれしかったです。 また、いつかホワイトホースに来たいです。

Hitomi YUASA

野生動物とタキーニ温泉半日ツアーについては、ちょうど黄葉の季節にあたっていたため、素晴らしい景色と雄大な自然の中で、めずらしい野生動物にたくさん出会えたのには、本当に感動しました。

KEIKO YAMADA